プロポーズをするときに|フルオーダーや手作りで世界に一つの結婚指輪を作ろう

フルオーダーや手作りで世界に一つの結婚指輪を作ろう

女性

プロポーズをするときに

指輪

プロポーズをするときに婚約指輪を渡す場面はよく目にします。その際に注意しなくてはならないのは指にはサイズがあることです。はじめて指輪を贈る場合には指のサイズがわからないので注意しなくてはなりません。できれば前から安価な指輪を購入してサイズを知っておくことが必要でしょう。また婚約指輪は女性のあこがれであるため、デザインもセンスが問われます。ダイヤの何カラットもするものが贈れる男性はよいのでしょうが、金額に制限のある場合、どのようなデザインのものを選ぶかで女性の喜ぶ顔が違ってくることでしょう。一生に一度のことなので感動するサプライズ場面にならないとせっかくのお金が無駄になってしまいます。慎重に選ぶべきでしょう。だからといって他の女性と選びに行くのは言語道断です。そのため頼りになるお店の人に相談するとよいでしょう。

婚約指輪は現在いろいろな種類があります。重ね付できるものや2人でつくる一生モノの指輪などがあります。最近では晩婚化していますが年齢があがると価格の相場もあがっています。20代や30代とではその価格差は5万円から7万円ほど違ってきています。ステータス感のあるブランドものは相変わらず人気ですが、価値のあるものを納得のいく値段で買いたいという傾向があるようです。婚約指輪はやはり本物志向ということでダイヤの品質にこだわる女性が圧倒的に多いようです。婚約指輪を買ったカップルは78%とかなりの確率で占めています。満足度は97.8%とほとんどの女性が満足をしているようです。価格帯については以外にも値段はいくらでもよいという人が多く、次いで20〜30万円台が多くなっています。